こんにちは^^

おざりんです^^

 

今日は少しハードなお話かも知れませんが、

とても大事なことですので、

最後まで読んでいただければ幸いです^^

 

スポンサードリンク


 

前回のお話で(まだご覧になられていない方は、こちらからどうぞ)

交通事故の話・・・16 | 整形外科に見切りをつけ、整骨院に電話する

整骨院の受付の方から、

「加害者側の損害保険会社へ、こちらへ来ることをお話しておいてくださいね。」

と言われたことを書きました。

 

やむを得ない事情があって、新しい病院などに通うときには、
事前に加害者側の損害保険会社に連絡を入れなければなりません。

 

それはなぜなのか?というと、

 

・新しく通う病院から診療記録を取り寄せるため、被害者に同意書を書いてもらう必要がある。

・新しく通う病院に、損害保険会社側から治療費の支払いを行なう手続きをする。

 

ためです。

 

交通事故でなければ、
病院は患者(治療に来た人)に治療費を支払ってもらうのがルールなのです。

 

なので、事前に連絡しておかないと、

交通事故の治療であるにも関わらず、

こちらが治療費を払うことになってしまいます。

 

私は整骨院の指示に従って、加害者の損害保険会社に電話を入れました。

 

すると・・・

 


「もしもし、○○です。

整形外科でよくなる気配がないので、整骨院に通うことにしました。

つきましては、手続きをお願いできませんか?」

 

担当者
「整骨院には行かないでください!」

 


「なぜ行ってはいけないのですか?

こちらはは全く非がないのに、痛いのを我慢して生活しているのです。

1日でも早く治したいと思うのが当然ではないでしょうか?」

 

担当者
「こちらでは、整骨院は認めておりません。

今の整形外科ではだめなんですか?」

 


「だめなので、整骨院に行こうと思ったのです。」

 

担当者
「行っても良いですが、治療費は支払いません!」

 


「お言葉ですが。

整形外科に行かないとは、ひとことも言っておりません。

整骨院に行きながら、整形外科を探します。

柔道整復師の行う治療は、自賠法(自賠法16条の3第1項)でも

整形外科医と同じように、必要かつ妥当な実費が認められています。

ですので、整骨院の初診から治療費支払いをお願いします。」

 

担当者
「・・・分かりました」

 

今だから笑い話として書くこともできますが、

当時はほぼ

ケンカ口調

でした。

 

損害保険会社は、私が何も知らないと思って話をしたようですが、

甘い!

整骨院に電話をしようかどうか迷っているときに、

いろいろ調べていたので、私は揺らがなかったのです。

 

ただ、これを読んでいるあなたは、

けんかしないで冷静に対処して下さい。

 

損害保険会社の担当者も人間ですから、

私みたいな言い方をしたら、頭に来てしまうでしょうね。

 

もし、損害保険会社にやりこめられそうになって困ったときは、

私の言葉を、そのまま冷静に言ってもらっていいですからね^^

 

私が相手にしていた、加害者の損害保険会社は、

業界でも「治療費等の出し渋り」で有名な会社でした。

 

この損害保険会社は、最後の最後まで、

「出し渋れば、いつか相手が折れるだろう」

という考えで、私に接してきました。

 

実際、損害保険会社の横暴なものの言い方に参ってしまって、

治療を途中で諦めたりする方は、多数います。

 

しかし、治療を途中で諦めてしまうと、

・いつまでたってもけがの後遺症に苦しむ。
・示談の金額が低くなってしまった。

ということにつながってしまいます。

 

私は、あなたに、そうなってほしくありません。

 

けがもよくなってほしいし、示談するときの金額も、

あなたの負ったけがの相当分になってほしいと思います。

 

なので、

けがをして本当につらいと思いますし、悲しいと思いますが、

交通事故の正しい知識を身につけてほしいと願っています。

 

スポンサードリンク


 

↓↓応援していただけるととても喜びます^^

起業・独立 ブログランキングへ


交通事故 ブログランキングへ

■Twitter
おざりんのTwitter

↓↓交通事故でお悩みの方、あなたのお話を聞かせてくださいね。愚痴でも良いですよ^^

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

質問内容(必須)