こんにちは^^

おざりんです^^

私は関東に住んでいるのですが、今年はお天気が不安定ですね。

暑い→寒い→暑い

の繰り返しで、体が持ちません。

どうぞ、これをご覧になられている皆様も、

交通事故の後遺症に悩まされている方も

体調にお気をつけてお過ごし下さい。

 

スポンサードリンク


 

さて、加害者の損害保険会社とけんか(汗)の末、

新しい整形外科に通うことにした私ですが、

いよいよ、新しい整形外科の初診の日がやってきました。

 

新しいことをする、というのは、緊張が伴うものです。

 

私も

「転院が良い方向に出るのか・・・」

という心配で、とても緊張していました。

 

朝の急行列車に乗り込むと、駅が都心に近づくにつれて、

隙間がないほど電車が混み始めました。

 

「これから、週何回かわからないけど、

2時間半かけて病院に通うことになるのかも・・・

このラッシュに耐えられるのだろうか」

 

と思うと、強く、腰やひざが痛み出しました。

 

私の最寄り駅では、朝でも席に余裕があるので座れるのですが、
その座った状態を1時間以上我慢することを考えたら、
気が遠くなりそうでした。

そして、そんなラッシュの中でも通勤通学している人たちに、
尊敬の念を抱きました。

 

目的地の整形外科にたどり着くには、2回乗り換えなければなりません。

私鉄~JR~都営地下鉄・・・

両足首を捻挫している私にとっては、足を踏みだす一瞬一瞬が苦痛だったのです。

 

そうしてやっと整形外科の前にたどり着きました。

 

受付に行き、

「今日予約したおざりんです」

と告げると、

 

受付の方が、

「おざりんさん、待っていましたよ。遠いところからよくいらっしゃいました」

と明るい声で出迎えて下さいました。

 

私は、前の整形外科で書いてもらった診断書と、

これまでの経緯をまとめた文書を受付に出しました。

口で説明すると、大切なことを言い忘れそうになると思ったからです。

 

この文書が整形外科のデータに保存されたことで、

後遺障害認定に関わる治療の証拠となりました。

%e6%b2%bb%e7%99%82%e7%b5%8c%e9%81%8e

 

 

 

 

 

 

 

そして、そこから1時間くらい待ったでしょうか・・・

診察室に呼ばれて、初めて主治医と対面しました。

 

医師は開口一番、

「大変な事故だったねえ。間違っていたら死んでいたね・・・」

と仰いました。

 

私の文書を見ながら、

 

「レントゲンしか撮っていないの?
いろいろな箇所を痛めているようだから、一度MRIを撮るね。

MRIの結果を見てから、治療内容を決めよう。

あと、腰を痛めているのに、腰痛ベルトすらもらっていないんだね。
今はこれで腰を固定しておかないとだめだよ」

 

と、スラスラと治療方針を決めていきました。

 

その言葉を聞いて、私はほっとしました。

 

なぜなら、

私が「痛い」と訴えていることに対して、的確に方針を決めていってくれた

からです。

 

前の整形外科では、そんなことは一切なく、

「痛くないだろう」

「薬は出さなくても大丈夫だろう」

という、医師の勝手な決め付けで、治療が進んでいたからです。

 

その時、

この整形外科に転院を決め、2時間半かけて来た甲斐があった

と、心から思いました。

 

MRIは後日、専門施設で

・首(頚椎)
・腰(腰椎)
・股関節
・足首(左右)

を撮影することになりました。

 

肝心の損害保険会社ですが、よほど私のことが気に食わなかったのか、

整形外科に連絡していなかったようで、

今回の初診は、とりあえず、私の自己負担でした。

 

私はもう、

「いつものこと」

と考え、気にしないことにしました。

 

あとで、損害保険会社からは、様子伺いの電話がかかってきました。

 

損害保険会社:
「新しい整形外科はいかがですか?」

私:
「前よりいいので、そこに決めました」

損害保険会社:
「もっと近いところはないのですか?」

私:
「ないからそこに通っているのですが??」

 

いつもいつもこんな感じなので、もう話すのも嫌でした。

 

「だったら、そちら(損害保険会社)で整形外科を紹介してよ」

と言いたくなりました。

 

が、それはやめました。

 

なぜなら、

紹介となると、

損害保険会社と整形外科が結託している恐れがある。

と思ったからです。

 

こういうことになると、何をされるか分かったものではありません。

 

交通事故ではいろいろな人物が関わりますが、

注意しなければならないのは、

 

「損害保険会社側の顧問(お抱え)弁護士」

「損害保険会社が雇っている顧問医」

 

です。

 

それと知らずに、損害保険会社が雇っている弁護士や医師と

関わってしまうと、いくら頑張ってもあなたの交渉が台無しになる

恐れがあります。

 

こんな怖いことはありません。

 

特に、弁護士を選ぶ際ですが、

「損害保険会社のお抱え弁護士ではない」

ことは、必ずチェックしてくださいね。

 

スポンサードリンク


 

↓↓応援していただけるととても喜びます^^

起業・独立 ブログランキングへ


交通事故 ブログランキングへ

■Twitter
おざりんのTwitter

↓↓交通事故でお悩みの方、あなたのお話を聞かせてくださいね。愚痴でも良いですよ^^

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

質問内容(必須)