こんにちは^^

おざりんです^^

いつもご覧頂き、本当にありがとうございます。

 

スポンサードリンク


 

さて、2016年も残り1ヶ月を切りました。

 

警視庁がまとめたデータによると、

もっとも交通事故が多いのは、12月です。

 

私も12月に交通事故に遭いました。

事故に遭ってから3年が過ぎようとしています。

 

まだ、このブログで詳しくお話していませんでしたが、

私自身、事故の真相を確かめたかったので、

渋る弁護士に発破をかけて、

「実況見分調書」

を取り寄せたことがあります。

%e5%ae%9f%e6%b3%81%e8%a6%8b%e5%88%86

 

 

 

 

 

 

 

 

実況見分調書とは、

事故が起こった時の詳細な状況が書いてある書類です。

事件の捜査中は見ることができません。

 

以前、

交通事故の話・・・9 | 物損事故から人身事故に切り替えるため、警察署で聞き取り

という記事を書きましたが(ちなみにこの記事、とてもアクセスが多いです)、

この時は、まだ捜査中だったため、

事故の詳しいことは、警察官からも教えてもらえなかったのです。

 

事故から半年が経ち、加害者が不起訴になったため、

ようやく実況見分調書を見ることができるようになりました。

 

実況見分調書は、手続きを踏めばご自分でも見ることができますが、

弁護士に取り寄せてもらうのが、一番楽です。

 

実況見分調書から分かった真実は以下の通りです。

 

加害者の運転していたトラック:

・全長15m(大型トレーラー)
・事故当時の積載重量は7トン(紙を輸送していた)
・当時、60km/hで運転していた

 

いつ私たちの車に気づいたか:

・ぶつかる27m手前
・そこでブレーキを踏んだが充分に減速できなかった

 

事故の理由:

「考えごとをしていた」

 

・・・なんとおそろしいことでしょうか。

 

もし、ずっと考え事をしていて、私たちの車に気づかず、

60kmのスピードのまま追突していたら、

私たちの命はなかったでしょう。

命があったとしても、重傷だったに違いありません。

 

この話をすると、必ず

「間違ったら死んでたよ」

と言われます。

 

私は最終的に、後遺障害14級9号(併合)が認定され、

示談を迎えました。

 

5箇所のけがの併合なので(きわめて少ない事例のようですが)、

けがの状態としてはよくないのですが、

よく考えてみれば、この程度で済んだこと自体が幸いだったというほか

ありません。

 

けがのことは、またあとで書きますが、

 

12月は、道路もふだんより混んでいますし、

人の気持ちも荒々しくなっています。

 

雪も降り、凍結も頻繁に起こるので、

いつもより気を引き締めて運転しなければなりません。

 

私自身も車を運転しますが、事故に遭ってから、

この時期は特に嫌になりました。

 

時間がこの事故の記憶を薄めてくれると良いのですが、

まだまだ時間はかかりそうです。

 

皆様も交通事故には充分お気をつけくださいね。

 

スポンサードリンク


 

↓↓応援していただけるととても喜びます^^


起業・独立 ブログランキングへ


交通事故 ブログランキングへ

■Twitter
おざりんのTwitter

↓↓交通事故でお悩みの方、あなたのお話を聞かせてくださいね。愚痴でも良いですよ^^

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

質問内容(必須)