こんにちは。

おざりんです^^

 

GWに入り、ようやく気温が上がってきましたね。

冬の間、事故で痛めた箇所が少し痛んでいたので、

暖かくなるのは嬉しいです^^

 

スポンサードリンク


 

前回、

交通事故の話・・・59 | 後遺障害14級9号が認定されたらしい(?)

で、私の元に連絡はないけれど、後遺障害が認定されたらしい、

という記事を書きました。

 

その後、委任していた弁護士から書類が届き、

私がどのような理由で後遺障害14級9号が認定されたのか

ようやく分かりました。

 

私の後遺障害は、

「14級9号(併合)」

でした。

※認定された箇所が一箇所ではなく、

複数あった場合は、「併合」となります。

 

<認定箇所>

1.頚椎捻挫(首の痛み)

2.腰椎捻挫(腰椎椎間板ヘルニア)

3.右足関節捻挫(足首の痛み)

4.左足関節捻挫(足首の痛み)

5.左股関節捻挫(左股関節付近の痛み)

 

私もこれまで交通事故について、いろいろ調べましたが、

5箇所認定された例は、見たことがありませんでした。

 

画像は、

損害保険料率算出機構より送付されてきた認定書類です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「画像では、体に大きな異変は見つからないが、

事故の状態から推察すると、将来にわたって後遺症が残るけがだと

思われるので、後遺障害を認定する」

という意味の文章が書いてあります。

 

この

「事故の状態から推察すると」という文章を見て、

やはり、「実況見分調書」を取り寄せて良かった

と思いました。

 

私の実況見分調書については、

交通事故の話・・・33 | 年末(12月)の交通事故と実況見分調書

をご覧ください。

 

何がなんでも実況見分調書を取り寄せればよい、

ということではありませんが、

けがの痛みが長引くなど、心当たりがある方は、

「実況見分調書」を取り寄せてみるのも1つの方法です。

あなたが思っている以上に、大きな事故なのかもしれません。

 

もともと私は、事故直後から、

「自分の事故の真相を知りたい」と思っていました。

推測では、何の意味もないからです。

 

しかし、相手の処分が決まるまで、

実況見分調書の閲覧はできないので、

痛みが引かないまま治療を続けていました。

 

「実況見分調書」を手にとって読んだとき、

自分の事故の大きさをようやく理解し、

それだったら、後遺障害申請を徹底的にやるべきだ、

という道筋が見えました。

 

後遺障害認定が無事おりたことで、

私は少しだけ息苦しさから解放され、

これでようやく、今の弁護士を解任できると思い、

気持ちが楽になりました。

 

スポンサードリンク


 

↓↓交通事故に遭われた時のおすすめ教材
交通事故で円満に示談解決する方法
(私の特典つきです♪)

内容については、こちら の記事をご覧ください。


↓↓交通事故に関するメールマガジンもやっています♪
おざりんのメールマガジン

 

↓↓私に直接相談できるタイムチケットはこちら♪
https://www.timeticket.jp/ozarin_ozarin

 

↓↓応援していただけるととても喜びます^^

起業・独立 ブログランキングへ


交通事故 ブログランキングへ

■Twitter
おざりんのTwitter

 

↓↓交通事故でお悩みの方、あなたのお話を聞かせてくださいね。
愚痴でも良いですよ^^

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

質問内容(必須)