こんにちは^^

おざりんです^^

今日も読んでくださってありがとうございます^^

 

スポンサードリンク


 

さて、前回は

「精神薬を飲むとどういうことになるのか?」

という話をしましたが、

今日は、なぜ「減薬・断薬」に至ったのか、

という話を書いていきます。

 

私は1年間半精神薬を飲み続けた結果、

毎日何かをする気力もなくなり、

ただ、ぼーっとしていました。

 

朝起きて、薬を飲んで、寝る。

お昼を食べて、薬を飲んで、寝る。

夕食を食べて、薬を飲んで、寝る。

 

そんなことが続いたある日、

もともと体の調子が悪かった祖母が危篤状態になりました。

 

自宅に祖母が危篤状態になったという電話連絡があり、

両親は薬を飲んでいる私を起こしてはいけないという配慮から、

2人で入院先の病院に出かけていきました。

 

朝、私が目覚めたとき、祖母は亡くなった後でした。

 

私は電話が鳴っていたことも、両親が出かけて帰ってきたことも知りませんでした。

薬を飲んでいなければ、電話の音や出かける音で絶対目が覚めたはずなのに・・・・

 

この時、いくら医師の処方だからといって、薬を過剰に飲むことで、

何も分からない状態になっていることに危機感を覚えました。

 

重大なことが起こっても、動くことも、何の感情も起きない。

それは人間としてあるべき姿なのか?

 

その後、よく回らない頭で考え、

前に書いたサインバルタを少しだけ減薬しましたが、

減薬の際にものすごい立ちくらみがして、血圧も異常に下がりました。

そんな苦しい思いをしても、薬をやめたい、という思いは日増しに強くなっていきました。

 

スポンサードリンク


 

↓↓ポチッと押していただけると励みになります^^
薬物依存症 ブログランキングへ

起業・独立 ブログランキングへ

↓↓Twitter始めました^^
おざりんのTwitter

↓↓おざりんへのメールはこちらまで。メールいただけると喜びます^^

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

質問内容(必須)