こんにちは^^

おざりんです^^

今日も読んでくださってありがとうございます^^

 

スポンサードリンク


 

前回の終わりに「事件」と書きましたが、

私は結構お金に執着を持っていて(今は昔ほどではなくなりました)、

それまでも無駄遣いなど一切しない人間でした。

 

しかし、その当時お付き合いしていた人(今はもう縁は切れています)に

いろいろな理由があり、およそ400万円を渡しました。

 

その理由はさまざまでした。

出張交通費が足りない、家賃が払えない、貸し倉庫の支払いができない、

携帯電話の支払いができない、などなど・・・

 

1回で400万円渡したわけではなく、

頼まれて少しずつ渡す、という感じでした。

それが積もり積もって400万円という感じです。

 

今でもその時の明細は持っています。

 

人生で生まれて初めて、消費者金融から30万だけ借りました。

その時の30万円も30ヶ月かけて返済しました。

 

月10万円くらいのパート時代に月1万円返すのは痛かった・・・。

 

彼はどうなったか?

見事に「自己破産」です。

官報に載ったのも実際に見ました。

 

毎日闇金融から電話がかかりまくって、家賃も払えず、

大家が催促にくるという感じだったようです。

 

私は安易にお金を貸したことに後悔しながらも、

悔しさもあり、彼の会社にメールを送りました。

 

「出張するといって、私から交通費をを借り、返済しない。

本来、出張するなら、会社の規定があるはずではないか?

彼は会社の規定に則ってきちんと出張しているのか?」

と。

 

すると、会社からそれを知らされ、あわてた彼から怒りの電話が来ましたが、

私は間違ったことは言っていないはず、と一蹴しました。

 

その後彼はどうなったか?

そのことが引き金になったかどうか分かりませんが、

会社に居づらくなったのか、見事に退職しました

 

お金は借りたもの勝ち、みたいな側面もありますが、

それまでのいろいろな関係が壊れます。

 

お金がすべてではありませんが、

お金を粗末に扱うと、お金から嫌われます。

 

スポンサードリンク


 

↓↓ポチッと押していただくと励みになります^^

起業・独立 ブログランキングへ

↓↓Twitter始めました^^
おざりんのTwitter

↓↓おざりんへのメールはこちらまで。メールいただけると喜びます^^

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

質問内容(必須)