こんにちは^^

おざりんです^^

今日も読んでくださってありがとうございます^^

 

スポンサードリンク


 

前回の続きです。

保険会社に採用され、通勤をし始めるようになると、

保険業界はかなり厳格であることに気がつきました。

 

入退館には、金属探知機ゲートをくぐらなければならない。

エレベーターではしゃべってはいけない。

有休は先輩方の希望を聞いてから、日にちが重ならないように取る。

 

仕事以外のストレスが、格段に多かったのです。

 

そして一番きつかったのは、一日中パソコンに向かって仕事をしているだけ、

ということでした。

 

先輩方は、休憩が来ると、頭から毛布をかぶって、目を休めていました。

そのくらい疲れるのです。

 

来る日も来る日も、お客様の保険金請求を審査する。

保険金請求に関することですから、内容は悲惨なものばかりでした。

病気になった、ガンになった、亡くなった、けがをした、などなど・・・

 

毎日毎日、お客様のマイナスを画面から浴び続けました。

 

そういったことをずっと続けていた結果、私の体は不調を訴え始めました。

眠れない・・・
集中力がない・・・
会社に行きたくない・・・
行きたくなくて泣く・・・

完全に心が壊れた状態になりました。

それが、以前に書いた、精神薬の常用依存につながっていくのです。

 

入社から3ヶ月の休職を経て、私はわずか半年で保険会社を退職しました。

後から同僚に聞いた話だと、この部署は精神を病んで休職する人も多く、

また退職者もかなりいたようです。

 

スポンサードリンク


 

↓↓続きが気になる方は、ぜひポチッとお願いします^^

起業・独立 ブログランキングへ

↓↓Twitter始めました^^
おざりんのTwitter

↓↓おざりんへのメールはこちらまで。メールいただけると喜びます^^

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

質問内容(必須)