こんにちは^^

おざりんです^^

今日も読んでくださってありがとうございます^^

ランキングが上がっていくのを見るのは嬉しいことですね♪

 

スポンサードリンク


 

前回の記事で、外資系倉庫で嫌なことが1つだけある、と書きました。

それは何かというと、

「ねたみ」の感情です。

 

外資系ということもあり、成績は1日ごとに細かく出されます。

成績が低いと、容赦なくトレーニングになります。

トレーニングをしても効果が薄かったりすると、遠回しにやめるように

言われたりします。

 

成績が低くて何か言われるのも嫌なのですが、成績が良くても言われます。

 

「あなたの成績が良いのは、○○からひいきされているからだ」

「あなたの成績が良いのは、(やっている)場所が良いからだ」

 

こんなねたみの言葉を延々と聞かされたらどう思うでしょうか?

はっきり言って、人間不信になります。

 

私は一緒にご飯を楽しく食べる同僚がいるのですが、

同僚は、同僚自身が知らないところで、色々なことを言われています。

彼女はけしてそのような人物ではないと、私は思っています。

 

「(あなた、あのひとと一緒にご飯を食べているわよね?)あの人、

こんなことを言って、○○からひいきされているらしいわよ」

 

その言葉を何回も聞かされ、私はうんざりです。

ひいきされているから、私にどうして欲しいというのでしょうか?

その人たちは、同僚より頑張っていると言えるのでしょうか?

 

彼女の素晴らしいところを何も見ていないのです。

 

そういう人たちに構っていると、自分自身正常な判断ができなくなり、

何が正しいのか分からなくなります。

最悪、その人たちに知らない間に加担してしまうことになります。

 

また、このようなことが頻繁に起きると、個人だけでは終わらなくなり、

全体に広がっていって、仕事のパフォーマンスが下がっていきます。

負の感情を乗せた言葉には要注意です。

 

自分のパフォーマンスをあげたいのなら、

「自分と戦えばよい」

と、私は思っています。

 

私はこのような場所にいると、自分がまずだめになると思い始めました。

この環境にいるかぎり、何も変わらないし、変えられない。

そう思った私は、働きながら別の道を探し始めていました。

 

スポンサードリンク


 

↓↓続きが気になる方は、ぜひポチッとお願いします^^

起業・独立 ブログランキングへ

↓↓Twitter始めました^^
おざりんのTwitter

↓↓おざりんへのメールはこちらまで。メールいただけると喜びます^^

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

質問内容(必須)