こんにちは。

おざりんです。

 

先日、交通事故に関して取材を受けました。

残念ながら今のところ取材内容が使われることはないようですが、

今回はその時に感じたことを書いてみようと思います。

 

スポンサーリンク



 

取材の時は、事故内容や事故後の人生について聞かれました。

 

事故内容はこのブログに書いてあるとおりなのですが、

取材を受けて、

「自分は加害者に怒りを感じているのではなく、その時に運転していた彼に怒りを感じている」

と分かりました。

 

このブログにも散々書いていますが、

やっぱり自分のせいで事故にあったわけではないにしろ、

同乗者(私)を1度も気遣うことなく、さっさと自分だけ示談してしまった彼には、

今でも不信感を持っています。

 

人間としてどうなのか、という話。

 

人間はそう簡単には変われません。

これを書いている私もそうです。

変わったとしても、必ず元の性格が頭を出す瞬間があります。

 

彼は事故後、別の女性と結婚しました。

今考えてみれば、彼と一緒にならなくて良かったと思うのです。

今は幸せでしょうが、人間良い時ばかりではなく、悪い時も当然あります。

 

もし、彼とその家族が事故に遭ったら、

どうなるだろう、と想像した時、

やっぱり私の選択肢に、彼は有り得なかった。

 

人命に関することを放棄した人間を、

私は信用したり、信頼することはできません。

 

事故の彼は、経営者です。

有名になりたい欲はあったようでしたが、

今までメディアに取り上げられたことはありません。

 

Twitterでは手当たり次第にフォローを増やしているようですが、

中身が全くなく、更新が止まっている。

これでは有名になるどころか、

メディアはおろか、

人間関係を築くのは難しいでしょう。

 

スポンサーリンク



 

関心を持って、取材してもらえたり、

何らかのメディアに掲載されることは、

とても嬉しいです。

 

また、同じような経験をした方から、

メールなどで反応を頂けることも

とても嬉しいです。

 

ブログの方向性は変えましたが、

人の話に耳を傾けることは

今後も大事にしていきたい。

 

そう思っていますので、

取材・メール大歓迎です。

これからもよろしくお願いします。