今日は「楽天アフィリエイト」について書いてみます。

 

よく、

「稼ぎたい人は、Amazonも楽天アフィリエイトもやるな!」

という文章をみかけます。

 

これについての私の考えは、

「やってみて判断すればいい」

です。

なぜならやらないと分からないからです。

確かに、Amazonや楽天アフィリエイトは、もらえる金額も少ないし、

大きくお金を稼ぐのは難しいところもあります。

 

「やってみなければ分からない」のは大前提ですが、

それ以上に私が大切だと思っているのは、

「人様にわざわざリンクをクリックしてもらって、買ってもらう」

という意識を持つことです。

 

あなたが紹介したリンクを「わざわざ」クリックしてくださる人がいるから、

どんなに小額でもお金が入ってくるのです。

 

スポンサードリンク


 

要するに

「人の役に立つ」「あなたという人間を信用して買ってくれた」

という気持ちが大切です。

 

売るテクニックはごまんとあふれていますが、

私がこの世界に足を踏み入れたときに、

メンターから真っ先に言われたのが、

この

「人の役に立つことを考えなさい」

でした。

 

 

ちょっと前置きが長くなってしまいましたが、

今から楽天アフィリエイトについて

書いてみますね。

 

1.事前審査がない

 

楽天アフィリエイトは、アフィリエイトをするときに、

Amazonアソシエイトのように事前審査がないので、

初めての人にも取り組みやすくなっています。

 

2.クッキーが効いている時間が長い

 

たとえば、

Aさんがあなたの紹介した商品リンクをクリックしたとします。

しかし、Aさんはあなたの紹介した商品を買いませんでした。

その後、Aさんは楽天で別の商品を購入しました。

その場合でも、あなたに成果報酬が発生します。

 

これは「クッキー」と呼ばれる仕組みです。

1回商品リンクをクリックすると、その情報が記録されるので、

もし、Aさんがあなたの紹介した商品を買わなくても、

楽天内で別の商品を買うと、あなたに成果報酬が発生するのです。

 

楽天では「クッキー」は30日間有効です。

対してAmazonアソシエイトは24時間なので、

クッキー効果を狙うのは結構厳しいです。

 

私は現在Amazonと楽天でアフィリエイトを行っていますが、

ほとんどが「クッキー効果」で購入された商品からの報酬です。

 

なので、

「商品リンクの商品が何が何でも売れてほしい!」と頑張るよりも、

「この商品を手かがりにして、他の商品が売れてくれればいいな~」

という気持ちでいたほうが、楽しく取り組めると思います。

 

最後に、私の環境を少しお話します。

 

私はTwitterでアフィリエイトを行っています。

フォロー数は100人程度ですが、

10年近く使用しているアカウントでアフィリエイトしています。

10年続けていて、その100人も、最初のころからフォローしている人が多いので、

自然に「信頼関係」が築けているのです。

 

「あ、この人だったら、変なものは紹介しないから大丈夫」

と思ってもらうことは、とても大事です。

 

もし、あなたがそれなりの期間使っているTwitterアカウントがあって、

アフィリエイトに少しでも興味があるなら、気楽にはじめてみることを

おすすめします。

 

新規でツイート数が10くらいしかないアカウントで、

いきなり、

「シャネルの商品を入荷しました! 買ってください!」

と言われても、だれも買おうとは思わないですよね。

(こういう人たちは本当にたくさんいます)

 

最近、Twitterには、「Twitterアナリティクス」という機能が追加されたのを

ご存知でしょうか?

この「Twitterアナリティクス」を使うと、各ツイートに対する反応を一目で

見ることができます。

下記の画像は、私のデータです。

 

 

 

 

 

 

ちょっと見にくいのですが、

「インプレッション」・・・ツイートが見られた数

「エンゲージメント」・・・ツイートへの反応数(リンクが踏まれた等)

「エンゲージメント率」・・・インプレッション/エンゲージメント

です。

 

Twitterで考えると、

「あなたのツイートを見た人(インプレッション)は○人で、

そのうちそのツイートは○人がクリックした(エンゲージメント)

なので、○パーセントだ(エンゲージメント率)」

ということですね。

 

Twitterを使ってアフィリエイトをする際は、

時々で良いので、「Twitterアナリティクス」のデータを見ておくことをお勧めします。

 

データがすべてではありませんが、

「紹介した商品リンクはどのくらいクリックされているか?」

というのを知ることで、改善できることもあるはずです。

(リンク紹介文の書き方とか・・・140字で商品紹介するのは

それなりのテクニックが必要ですが、そこが面白くもあります。)

 

今回はちょっと長くなってしまいましたが、

何かすこしでもお役に立てる点があれば幸いです^^

 

スポンサードリンク