大相撲を観戦するともらえる、その日の取組表(割=わり、ともいう)。

 

取組表には、

その日の取組みにかけられた懸賞金のスポンサーがズラリと書かれている。

 

その取組みが始まる時に、

館内アナウンス(アナウンスは行司さんが担当する)で、

ひとつひとつ取組表にかかれている通りに読み上げる。

 

テレビの中継などで、懸賞の旗が回る様子をご覧になられた方は多いと思うが、

NHKは公共放送だから、わざわざ旗を映したり、

アナウンスを聞かせたりはしない。

 

この日は稀勢の里-栃煌山戦に、50本以上の懸賞がかけられた。

 

懸賞を個人で出すことは出来ない。

(法人のみ。以前ポール・マッカートニー氏が懸賞を出したことがあったが、

個人名ではなく、ポニーキャニオンから出されてる)

 

また、懸賞をもらえるのは、

幕内力士で、なおかつ中入後に出てくる力士のみ。

(十両力士はもらえない。但し、十両力士は中入後に相撲をとる機会があって、

白星だと受け取れることがある)。

 

懸賞は一本六万円。

力士には、その場で直接三万円×かけられた懸賞の本数が渡される。

その他は引退した時に本人に渡したり、協会の手数料に当てられる。

 

スポンサードリンク