こんにちは。

おざりんです。

 

今年はメインの体操競技観戦の他に、

大相撲を3度観戦したので、その時の写真を貼っていきます。

土俵の外は依然騒がしいままですが、

一生懸命な力士も多数おりますので、

一度ご覧いただければ幸いです。

 

スポンサードリンク

 

 

平成二十九年五月場所

 

チケット

初めての相撲観戦。

2017年は、横綱・稀勢の里関が横綱に昇進したこともあり、

チケットを取るのが至難の業でした。

私はチケットぴあで25分格闘した上、イス席Aの前から2列目が取れました。

値段は8,500円です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

グッズ

国技館内で販売されている横綱・稀勢の里関グッズです。

横綱・稀勢の里関に関しては、

写真以外にもたくさんのグッズが販売されています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イス席A

イス席Aは、イスにベルベットが張られています。

イス席Bになると、ファブリックになり、少しグレードが下がります。

イスAには栓抜きがついています。

 

 

 

 

 

 

 

 

東側・イス席A2列目からはこのように見えます。

思っているより、力士が近くに見えます。

この席の真下は、マス席Bになりますが、

自分の体験上、マス席は足を充分伸ばせるスペースがないので、

足に自信がない方には、イス席Aをお勧めします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

満員御礼の垂れ幕です。

幕内土俵入り、横綱土俵入りの後に、音もなく静かに下りてきます。

油断していると下りてくるのを見逃してしまうので、注意が必要です。

 

 

 

 

 

 

 

 

幕内力士土俵入りの様子です。

力士が綺麗な円形に見られるのはやはりイス席です。

マス席は自分が見ている方向の力士しか見えないので、

写真を撮っても一部の力士しか写すことができません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

横綱・白鵬関土俵入りの様子です。

左側:太刀持ち・大栄翔関(追手風部屋)

右側:露払い・石浦関(宮城野部屋)

 

私は東側に座りましたが、横綱・白鵬関は西側から入場してきたので

正面から撮影することができました。

この時は、横綱・白鵬関の番付が、西だったんですね。

番付が東の横綱が入ってくると、力士の後姿になってしまいます。

 

 

 

 

 

 

スポンサードリンク


 

写真も多いので、今日はここまでに致します。

次回は、取り組みの様子について書きますので、

楽しみにしていて下さいね^^

 

スポーツに関しては、こちらもあわせてご覧ください。
スポーツに関するコンテンツ一覧