こんにちは^^

おざりんです^^

今日も読んでくださってありがとうございます^^

今回も交通事故のお話です。

これまでの交通事故のお話については、

カテゴリ:交通事故

をご覧ください。

 

スポンサードリンク


 

やっと、月曜日になりました。

私の体は、外傷はないものの、痛みは右足から全身に広がっていました。

その日は幸いなことに、仕事は休みでしたので、整形外科に行くことにしました。

 

しかし、事故直後に見てもらった市立病院は、自宅から電車を乗り継いで

1時間以上かかるため、「通院するのは無理」だと思っていました。

 

すると、タイミング良く、知人の保険会社(以降、A社と呼ぶことにします)の

担当者から電話がかかってきました。

「おはようございます。わたくしA社のBと申します。お体の具合はいかがですか?

整形外科はどこでも構いませんので、とにかく、一度診察なさってください。

おケガでの通院が10日あった場合、

知人様の保険から10万円出る契約となっております。

 

私は、A社・担当者の言葉に、救われた思いがしました。

「事故直後の病院と、次に受診する病院は、違っていても良い」

ということを初めて知ったのです。

 

しかし、ここで問題が1つありました。

まだ、加害者の保険会社(以降、C社と呼ぶことにします)から、

電話がかかってきておらず、今回のけがの治療費をどうするかなど、

全く話しあえていない状態だったのです。

 

そのことをA社に話すと、

「そうなんですね。まず、どんな状態でも、整形外科に行くことをお勧めします。

治療費については、領収書さえ保管しておけば、あとで返金されますから、大丈夫ですよ。」

とハッキリおっしゃって下さいました。

 

私は今回の治療費だけは、全額自腹であっても仕方がないと思い、

多めに現金を持って、整形外科に行くことにしました。

 

1.事故に遭ったら、できるかぎり早く整形外科に行く

時間が経ってからの診察ですと、「本当に事故のけがなのか?」という疑いをもたれてしまい、

因果関係を否定される場合がありますので、整形外科には早く行くようにしてください。

 

この時、いきなり整骨院に行ってはいけません。

整骨院では、レントゲン撮影などの詳細な検査を受けることができません。

骨折していたりする可能性があるので、最初は必ず整形外科医の診察を受けて下さい。

(私は最終的に「整形外科+整骨院」を選択しました。

今後の記事にしますので、しばらくお待ち下さい。)

 

2.必ずしも、救急搬送された病院に行く必要はない。

私の場合、救急搬送された病院は、

自宅から電車を乗り継いで1時間以上かかる場所にありました。

そのため、日常で通うのは難しいと判断し、地元の整形外科を受診しました。

 

整形外科は通いやすい場所を選択してください。

(良い病院と悪い病院についても、今後の記事に致します。)

 

3.加害者側の保険会社から連絡がなくても、焦らない(待たない)

加害者の保険会社の連絡が遅い場合が多々あります。

しかし、あなたのけがを整形外科医に一刻もはやく診断してもらい、

適切な治療を始めることが大事です。

最初、自腹を切って診察することになる可能性がありますが、

領収書があれば返金されますので、まずは、「自分の体」を大事にしてください。

 

4.保険内容を確認してもらう

私は、同乗者(助手席)に乗っていました。

車の保険には、「搭乗者傷害特約」が付加されている場合があります。

(意外に見落とされている内容です)

 

「搭乗者傷害特約」
契約車両に乗車中の事故により、自分や同乗者が死傷した場合に、保険金をお支払いします。
搭乗者傷害特約(傷害一時金)と、搭乗者傷害特約(死亡・後遺障害)があります。

 

私の場合は、知人が「搭乗者傷害特約」を付加していたため、

10日通院すると、10万円が支払われることになっていました。

事故直後の10万円はとても大きかったので、助かりました。

ご自分の担当者に必ず確認して下さいね。

保険担当者でも言い忘れている場合があります。

 

スポンサードリンク


 

↓↓応援していただけるととても喜びます^^

起業・独立 ブログランキングへ


交通事故 ブログランキングへ

■Twitter
おざりんのTwitter
■Facebook
おざりんのFacebook

↓↓交通事故でお悩みの方、あなたのお話を聞かせてくださいね。愚痴でも良いですよ^^

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

質問内容(必須)