こんにちは。

おざりんです^^

 

桐生祥秀選手が、

陸上100mで日本人初の9.98秒を出して、大変嬉しいです。

彼には、この先も、自分自身の記録を更に縮めてほしいと

願っています。

 

スポンサードリンク


 

ここ2回ほど、

フィッシング詐欺について記事を書きましたが、

意外に好評のようで嬉しいです(笑)

 

書いている本人は、

まだ何も解決していないので、微妙ですが・・・。

 

もし、悩んでいる方がいらっしゃいましたら、

一度読んでみて下さいね。

インターネット詐欺の話 | フィッシング詐欺に遭う・・・1

インターネット詐欺の話 | フィッシング詐欺に遭う・・・2

 

さて、今日は、久しぶりに「精神薬」の話です。

 

先日の朝日新聞に、

「薬の光と影 うつ病啓発キャンペーンの功罪」

という記事が載っていました。

 

その記事で取り上げられていたのは、

SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害剤)です。

 

SSRIが日本で販売されたころ、

「うつの症状がでたら、迷わず医者へ」という

キャンペーンが実施されていたそうです。

その結果、受診する人が劇的に増えたとのこと。

 

SSRIの薬は、

ルボックス(成分名:フルボキサミン)

デプロメール(成分名:フルボキサミン)

パキシル(成分名:パロキセチン)

ジェイゾロフト(成分名:セルトラリン)

レクサプロ(成分名:エスシタロプラム)

です。

 

私はこの中で、ジェイゾロフトを処方されていましたが

効果があまり感じられなかったため、

途中からサインバルタに切り替わりました。

 

SSRIの何が問題なのか?

 

SSRIは、服用すると攻撃的になる副作用があります。

(飲んでいる全員に、この副作用が起こるというわげではありません)

特に有名なのは、「パキシル」ですね。

 

実際に、SSRIを服用していた米国の男性が、

自分の妻と娘、そして孫を殺害した後、

自らの命を絶ってしまう、という事件が発生しています。

 

その後、この事件は、SSRIの副作用が原因と認められ、

製薬会社が損害賠償を命じられました。

 

症状を緩和させたり、治療の助けとなる薬が、

殺人に走らせてしまうほどの副作用を持っているのは

大変恐ろしいことです。

 

そして、もうひとつ、

SSRIの重大な副作用に、

「離脱症状」があります。

 

私自身、ジェイゾロフトを断薬するときは、

離脱症状はほとんどありませんでした。

それより、ベンゾジアゼピン系の薬の方が、

離脱症状がひどく、大変苦労しました。

 

しかし、人によっては、

SSRIの離脱症状の方がひどい人もいるでしょう。

 

私自身、断薬するときに、

さまざまな方の離脱症状・断薬体験記を読みましたが、

SSRIとベンゾジアゼピン系の薬は、

大変すぎるという印象しかなく、

「本当に自分は断薬できるのか?」と

思ったほどです。

 

今は精神薬の投与について、

少しずつ副作用や離脱症状の問題も認知され始めていますが、

「離脱症状などない!」

と言われていた時代に、精神薬を投与され続けた人は、

今も薬をやめることができないのも事実です。

 

この記事では、上記の状態を

「医原病」と言わざるを得ない、と書いてあります。

 

薬は、症状を和らげるものであって、

私のように、明らかな外的要因がある場合は、

その外的要因を取り除けば、ほぼ解決するのだと、

私は断薬後に知りました。

 

もちろん、薬が生命線の方もたくさんいらっしゃいます。

しかし、安易な処方で人生が狂わされるとしたら・・・。

 

私たちは、ここで一度立ち止まり、

「精神薬」について、深く考える必要があると

今更ながらに思いました。

 

スポンサードリンク


 

↓↓交通事故に遭われた時のおすすめ教材

交通事故で円満に示談解決する方法
(私の特典つきです♪)

内容については、こちら の記事をご覧ください。


↓↓交通事故に関するメールマガジンもやっています♪
おざりんのメールマガジン

 

↓↓私に直接相談できるタイムチケットはこちら♪
https://www.timeticket.jp/ozarin_ozarin

 

↓↓応援していただけるととても喜びます^^

起業・独立 ブログランキングへ


交通事故 ブログランキングへ

■Twitter
おざりんのTwitter

 

↓↓交通事故でお悩みの方、あなたのお話を聞かせてくださいね。
愚痴でも良いですよ^^

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

質問内容(必須)